Masanori Matsuda |

Ballo in the gravity

 

Tokyo university of the Arts, Toride-shi, Ibaragi, May, 2005

リサイクルセンターで並んでいた12個のタンス。

 

人に一度見放されたタンスをある期間動かし続け、動かすごとに床に枠の形、時間、日付を残し続けた。

 

昔の人が生み出したバレエの起源とされるBalloというおどりは、

官邸の広間で貴族たちが歩きながら床に図形を描き、それをバルコニーから王様が眺めるという当時の楽しみ方だった。

 

所有された家のように

様々な時代の文明の物を整理してきたタンスは、
Balloのおどりで動き出す、

それは大陸に領域を描き、物を振り回し、記録し続けてきた

人々の様ではないだろうか。