Masanori Matsuda |

Dream time

 

My house, Suginami, Tokyo  2002

アボリジニーのdream timeは夢という捉え方ではなく

『旅をする ・ 生活する』という意味を知る。

 

2002年、東北での旅の途中知らない町での事

深夜、何層にもなった城跡の公園や、町の路地に迷い込んだ

 

しばらく歩いた路地の奥に、

1つだけ淡く光る古い家の店を見つけると

自然と足がそちらに向かったその時

見られているかのように家の光は消えてしまった

 

東京に帰ってきた私は天井の光を見上げ、

ふとその光を思いだしてしまった

頭の中にある私の帰るべき家

 

旅で迷い込んだあの道を模型にし、

消えた光を見つけるために私は行動を起こした