Masanori Matsuda |

house of day, house of night

 

@Kcua gyarally, Ukyo-ku, Kyoto, Jan, 2016

 

 

1.17の災害の死者・行方不明者は6434人とされている。家の中で起きた時、目の前の壁は抜け、空とがれきが見えていた。隣の部屋はがれきとなったが私は生きている。6434人と私の差はなんだったのか、死の儀式のようなものをうけた事によって、生きる事への認識はがらりと変えられた。それは0歳の自分が色々な可能性を秘めて何人も生まれてくるように。

空虚な数値だけで作る想像の死のイメージを、6434人の人達を、思える気持ちとは。

震災から21年後の同日1.17、公園の光が点灯する瞬間を待ち
その光を私の部屋に取り込んだ。