Masanori Matsuda |

Kafka scape

 

Tokyo university of the Arts, Toride-shi, Ibaragi, Oct, 2008

偶然見つけたそのベランダは

高い壁にはさまれ

少し部屋のようでもあり

木々や空が目の前に

素直にとびこんでくるような場所

 

傘と光をを借り

傘の下はひとつの空間のようで

家の版をおすたびに、家を想像します

 

風景は切り取られ

空や木々が、部屋の一部となり

それはまた真っ白なぬけがらになっていきました。

 

風景と時間が私を通り流れていく

どこもわからない風景が

ある瞬間私の部屋となり

カフカの城のようなプロセスの中で

目的の場所にたどり着かない風景を描きます。