Masanori Matsuda |

Ready  for Baltane  光の影を見失わないために

 

Atelier2001, Kobe-shi, Hyogo, May, 2017

BeltaneはMay Day(5月1日)のケルト名であり夏の始まりです、アイルランドではBelは地獄と死、生命の神でありまた、太陽の化身とされています。

 

生と死の力をもつ神は太陽と同等の力を持つとされました、その神に変わって、力を持つ新たな神やお金の力は今の私たちの生活をどうかえてきたのか。

 

プラアムジスはリトアニアで全ての神や人の運命を掌握する神で、自然信仰時代の原始神と位置づけられています。プレアムジスは地上で悪行が横行していることに憤慨し、洪水を起こし壊滅的なダメージを与えた後、クルミの殻を僅かに生き残った人々や動物達に与え浸水する地上から逃れさせました。

リトアニアはキリスト教がヨーロッパの中でも最後まで入ってこなかった国ですが今では人々も大いにキリスト教を受け入れ生活をしています、見えなくなりつつある原始神プラアムジスはいつもそのリトアニアの大地に存在しています。