Masanori Matsuda |

Silence poetory

 

Yamamoto seika, Nishinari-ku, Osaka, Feb, 2016

人生の今を詩にしようとする人。
頭に降るイメージやフィーリングと
体から発される言葉のイメージの違いが詩人を苦しめる。

体が感じたままに詩を発することはできるのか。

発してしまった時、頭に降ってきたイメージは崩れ去る。
そこから詩は始まる。