Masanori Matsuda |

The origin of Breath

 

shiano omachi, Nagano, Mar, 2016

真っ白が世界をつつんでいるなか、暗闇の山の麓を歩く、

そこには私の息が存在していた。

ふだんはきこえない息はいつのまにか私を消して広がり、

雪に囲まれている事に気づいてしまう。

私より先に、息が気づく。

 

怖くなった私はくらしの光を灯し、声をあげる。

光に灯された息は雪につつまれていた。

 

息が私のものになると安心した私は

ふたたび光を消すことができるだろうか。

そのうちまた私の息が忘れ去られる。

 

神様を呼ぶ声、自然へととどける声、空間に向かって声をあげる事

それは目の前に広がる空間にたたずむ

息という見えない想いを押しふるわせていく

 

息と雪が出会う時、思いと雪が出会う時

雪は溶ける。

そしてそこに新しい水は生まれた。

 

大町に住む人の様々な想いが、雪をとかし、水をつくる

新しい緑、新しい山、新しい川、新しい霧、新しい雲、新しい声、

新しい想い、新しい春

 

そして新しいあなた。

そして忘れられた息。